高校生のお小遣いの平均は?

放課後の友人との飲食代や通信費など出費は多いものの、
高校生のお小遣いの平均は約5000円という調査結果が公表されています。

実際にはもう少し高額のお小遣いをもらっている場合もあると思いますが、
親からもらうお小遣いだけでは足りないことが多く、
放課後や休日などの時間を利用して、バイトをしている高校生も少なくありません。

放課後にできるバイトの中でも、短時間で、
しかも効率よく稼げる仕事となると、
やはり人気があるのはクラブやデートなどに関連したバイトです。

こうした仕事は時間給が高く設定されているため、
短い時間でも高額な報酬を得ることができます。

こうした高い時給の仕事なら、
放課後や休日の時間を効率よく利用することができるため、
勉強やクラブ活動などにも時間を割かなければならない高校生の間で、
大きな人気を集めています。

最近ではスマホなどの通信費を自分で支払っている高校生も増えてきており、
そうなると親からもらうお小遣いだけでは、
どうしても不足してしまうことは目に見えています。

そのためできるだけ効率よく、
短時間で稼げるバイトに対して注目が集まる傾向がありますが、
今後もクラブやデートに関連したバイトは、
高校生にとって人気の高いものであることは変わらないでしょう。

管理人には高校生と中学生の子供がいます。
お小遣いもそうですが、お金のやりくりには頭を悩まされています。
まだキャッシングなどは利用したことはないですが、
旦那の小遣いというサイトを見て万が一の時は、私も利用しようと考えています。

中学生のお小遣いの平均は?

中学校へ入学すると今までとは
まったく違った学校生活に驚く生徒も多いでしょう。

授業の内容や学習のボリューム、クラブ活動や友人関係など、
今までの小学校生活にないスタイルとなり、
お金の管理も自分でする場面も出てきます。

中学生のお小遣いはどれくらいが相場なのか、
いままでお小遣い制ではなかった家庭においては気になるポイントです。
クラブに入っている生徒では土日の練習試合で移動が必要であったり、
友人同士で遊びに出かけて外食をするなど、
親ではなく本人がお金を管理しなくてはなりません。

中学生のお小遣いの平均は3000円~5000円程度という情報もあります。
中学生本人にとって、お小遣いは多い方が良いでしょうが、
親としては必要最低限で与えたいと考えるものです。

金額については子どもの生活スタイルや家庭によって考え方が違いますから、
相場などにはあまり縛られず決めたいものです。

親が一方的に金額を決めてしまうよりも、子どもの意見も聞き、
相談して決めることによって本人も納得できるでしょう。
お小遣いの額を決めると同時に友人との付き合いおけるルールや、
遊びに行く際には出入りしてはいけない場所や
外食の回数なども話し合っておくべきです。

小学生のお小遣いの平均は?

小学1年生で100円、学年が上がることに100円UPし、
中学1年生で1000円、学年上がるごとに1000円UP,
高校生で5000円という相場はもうきつい時代かもしれません。

各家庭の決まりは様々で
特に小学生はお菓子を毎日外で買うとしたら100円はあっという間になくなります。

小学生のうちは、日々のおやつを常備しておき、
お小遣い制ではなく、必要なときに一緒に買うというご家庭もあります。

お家でのお手伝い内容により金額を決めているお宅もあります。

お年玉の中から自由に使っていたり、
祖父母から頂くお小遣いで賄っているお子さんもいます。
放課後、保護者が不在でおやつ代をおくとなれば
1日100円というお宅もあるでしょう。

習い事、塾で忙しくなってくるとお友達同士で遊ぶ機会が少なく、
普段は使う暇がない、お小遣いの必要はなくなります。

勉強

勉強重視のご家庭ではお手伝いよりも勉強を頑張る方向になり休日、
お友達同士で出掛けるようになってくると映画を見に行けば
交通費・食事代・映画チケット代で3000円ぐらいは必要になってくるので
小学生であっても到底1000円では足りないのです。

金銭感覚を養うためにも1ヶ月のお小遣いの中でやりくりしてもらう方が良いのですが、
小学1~3年生までは1000円で足りても子供の行動範囲がどの程度かにより、
必要に応じてあげる相場は3000円ぐらいになってしまうでしょう。